2023年2月1日水曜日

生きものだより 2023年2月号【2023年2月02日】

  2023年1月に観察できた生きものを一部紹介します。


オオタカ(境川)
「オオタカ」です。
境川でオオバンを捕まえているところを観察者の方に教えて頂き
観察が出来ました。

ヨシガモ(今田遊水地)
「ヨシガモ」のオスです。
人がいない時間帯では草地で採食しているのをよく見かけます。
写真は今田遊水地ですが、1月下旬から下飯田遊水地の方が見る機会が増えた気がします。

アオジ(今田遊水地)

「アオジ」のメスです。
「チッ  チッ  チッ」と、区切りながら鳴きます。


同じホオジロ科に属する「ホオジロ」は「チッチッチッ」などと区切らず鳴きます。
「茂みから聞こえるのはアオジかホオジロかゲーム」是非やってみてください。


オニグルミ(下飯田遊水地)

「オニグルミ」です。
中央に映ってるのは「葉痕」といって葉っぱが付いていた箇所のことです。
お猿さんのような羊さんのような顔にみえますね。

オオジュリン(今田遊水地)

「オオジュリン」です。
中央越流堤からかなり観察しやすい場所にきてくれますね。

オオジュリン(今田遊水地)

よく見ると右足に足環が付いている個体も。
渡り状況の把握や年齢を知るために装着されております。
足環に文字が刻印されているのですが、識別できませんでした...悔しい。

※野鳥を捕まえるには資格、許可が必要です。

ジョウビタキ(今田遊水地)


「ジョウビタキ」のオスが2羽いました。
仲がいいなと思いきや縄張り争い中でした。
互いに一定の距離を保ったり、取っ組み合いながら法面を落ちたり・・・
激しい攻防を私、傍観しておりました。



シメ(和泉川沿い)

イカル(和泉川沿い)

和泉川付近の林では「シメ」「イカル」が観察できました。(構図が似ていますね)
どちらも5~6羽ほどの群れでエサを探していました。
種子などの硬いものを食べるのに適した太く短いクチバシが特徴的です。

厳しい寒さを生きる生き物たちはたくましく思えますが
2月はどんな生きものが観察できるでしょうか。


※ビオトープ内の立ち入りは禁止されています。
※公園内
動植物の採取は禁止されています。
※生きものにエサを与えたり、物を投げたりしないでください。












2023年1月3日火曜日

生きものだより 2023年1月号【2023年1月04日掲示】

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。 

早速ですが 2022年12月に観察できた生きものを一部紹介します。



セッカ(今田遊水地)

「セッカ」です。
地面に降りている姿は珍しい気がします。

コジュケイ(下飯田遊水地)

「コジュケイ」です。
ビオトープ巡回中、鳴き声が近くですると思っていたら鉢合わせました。
距離がかなり近くだったため警戒し、しゃがんでいますね。。。
数枚撮影し、ゆっくりと立ち去りました。

カンムリカイツブリ(下飯田遊水地)

「カンムリカイツブリ」が1羽来訪していました。
良く潜っていたので撮影が難しかったです....

カラスとトビ

トビがカラスにモビング(疑似攻撃)されている様子です。
上空でカラスが数羽で騒がしくしていたら目を凝らして観察してみてください。
たまに猛禽類がモビングを受けているシーンを見ることができます。


今年はどんな生きものが観察できるでしょうか。

※ビオトープ内の立ち入りは禁止されています。
※動植物の採取は禁止されています。
※生きものにエサを与えたり、物を投げたりしないでください。

2022年12月3日土曜日

生きものだより 2022年12月号 【2022年12月04日掲示】

 11月に観察できた生きものを一部紹介します。


ハクセキレイ

「ハクセキレイ」のメス(冬羽)です。今田管理センターにあるテラスを歩き回っているところをよく見かけます。

ウミウ

「ウミウ」の若い個体です。
腹部が白色と褐色ですが、年を重ねると光沢のある黒色(緑色に見えたりもする)になります。
内陸側で観察できるのは中々ないです。

アオサギ

「アオサギ」のハンティングシーンです。
嘴でライギョを加えております。ぬめりのあるライギョを咥えるとは器用ですね。

トモエガモ

「トモエガモ」です。一番上に写っているのがメスで手前3羽がオスです。
日本の伝統的な模様である巴柄(ともえがら)【巴紋(ともえもん)ともいう】が名前の由来だそうです。


ハヤブサ

「ハヤブサ」です。
園内、冬になると北からカモが来たり、山から低地に降りてきた小鳥がきたりします。
これは猛禽類にとっては好都合、園内は狩場となります。

※ビオトープ内の立ち入りは禁止されています。
※動植物の採取は禁止されています。
※生きものにエサを与えたり、物を投げたりしないでください。

2022年11月5日土曜日

生きものだより 2022年11月号【2022年11月06日掲示】


10月に観察できた生きものを一部紹介します。

カイツブリ(今田遊水地)

「カイツブリ」です。
個体数が増えてきました。

クイナ(今田遊水地)

「クイナ」です。
警戒心が強く、開けた環境だとササっと移動し茂みに隠れていきます。
観察するとなると長期戦が予想されます。暖かい格好で観察しましょう。

ミゾコウジュ

「ミゾコウジュ」のロゼット葉です。
この状態で厳しい寒さを耐えます。
暖かい時期になると伸長し花を咲かせてくれます。

マガン(俣野遊水地)

1日だけ姿を見せてくれました。
国の天然記念物。渡りの最中だったと思われます。

ヨシゴイ(俣野遊水地)

「ヨシゴイ」です。
巷では「ミョウガに似てる鳥」「ミョウガの妖精」などという愛称で呼ばれることもあるようです。なぜそう呼ばれるか観察して確かめましょう。

11月はどんな生きものを観察できるでしょうか。

※ビオトープ内の立ち入りは禁止されています。
※動植物の採取は禁止されています。
※生きものにエサを与えたり、物を投げたりしないでください。


2022年10月19日水曜日

生きものだより 2022年10月号

9月に観察できた生きものを一部紹介します(少し遅くなりましたが…)。


アオサギ(左)、セイタカシギ(右)(今田遊水地)

「セイタカシギ」が飛来し撮影者で賑わいました。
アオサギと並べるとかなり体は小さいですが脚の長さは一目置きました。

タシギ(今田遊水地)

「タシギ」が9月に入ってから観られるようになりました。
写真には何羽いるでしょうか。
台風期間中 一気に観察個体数が増えたように思います。
まだ渡りを続けるか、ここを越冬地にするか気になります。

ゴイサギ(今田遊水地)

「ゴイサギ」の幼鳥です。
「9月の生きものだより」でも紹介いたしました。
俣野遊水地ではよく観察できますが、今回は今田での観察です。

コガモ(今田遊水地)

「コガモ」です。
こちらも9月に入ってから観察できるようになってきました。

イソヒヨドリ(今田遊水地)

「イソヒヨドリ」のメスです。
オスは青色、お腹がオレンジ色など鮮やかな色をしていますが
メスはこのように絶妙な配色で「いぶし銀」です。

今回は鳥づくしとなりました。
10月はどんな生きものを観察できるでしょうか。

※ビオトープ内の立ち入りは禁止されています。
※動植物の採取は禁止されています。
※生きものにエサを与えたり、物を投げたりしないでください。

2022年9月19日月曜日

台風後は鳥見びより?【2022年9月20日】

【9月20日(火)10:36作成】
 ※横浜市・藤沢市・相模原市・大和市に大雨警報が発表されている為
境川遊水地公園は引き続き全面閉園とさせて頂きます。

なお、境川遊水地情報センター、今田管理センター、外周トイレ、ポケットパークトイレ、鷺舞橋は通常通りご利用頂けます。

今回は今田管理センター芝テラスから今田遊水地の芝地・草地がある2次池にいた野鳥を観察したので一部紹介します。

タシギ

9月に入りちらほら「タシギ」が観察できるようになりました。
普段はビオトープのヨシの根元あたりを探すと観れます。

コガモ

「コガモ」も9月に入ってから観察できるようになりました。

セイタカシギ

秋の渡り途中で立ち寄ってくれたと思われる「セイタカシギ」です。
1週間以上滞在しております。

台風や洪水などの災害は人々の生活に被害をもたらす反面
この出来事によって生み出される環境の変化は生きものが利用する空間を得るチャンスでもあります。

今回は芝地、草地と乾燥した環境が台風という出来事で冠水、乾燥した環境が
湿地のような環境へ一変しました。

タシギ、セイタカシギ、コガモのような普段園内の芝地・草地では観察できない
水辺、湿地の野鳥にとっては
冠水した芝地は利用しやすい空間になったのではないでしょうか。

【他観察できた野鳥】
カルガモ、アオサギ、バン、イカルチドリ、カワラヒワ(鳴き声)、モズ(鳴き声)、ハクセキレイなど

境川遊水地公園では双眼鏡の貸出を行っております。
お気軽にお声掛けください。

※ビオトープ内の立ち入りは禁止されています。
※動植物の採取は禁止されています。
※野鳥にエサを与えたり、物を投げたりしないでください。
※本公園は遊水地の中にあり、大雨、河川の増水などの気象状況により閉園、利用制限を行う場合があります。


2022年9月6日火曜日

生きものだより 2022年9月号

 8月に観察された生きものを一部紹介いたします。

カワセミ(俣野遊水地)


「カワセミ」がペリットを吐き出している姿を観察することが出来ました。
ペリットとはおなかの中で消化出来なかったものの塊です。
カワセミの場合、エサの魚の鱗や骨、エビなどの甲殻類の殻が消化されず塊として
口から吐き出されます。

チュウサギ(俣野遊水地)

「チュウサギ」です。
遠目から見るとダイサギかなと思いましたがスケール感が違うと思い目を凝らしたら
口角の位置が目より奥に達してない、くちばしの先に微かな黒色の模様があることから
チュウサギと判断しました。

ちょっと違和感を感じたらよく観察してみましょう。

イカルチドリ(今田遊水地)

写真では3羽ですが今年生まれと思われる「イカルチドリ」が4羽いました。
ここ最近よく観察できるようになりました。

シジュウカラ(鷺舞橋下)

「シジュウカラ」の幼鳥です。
成鳥と比べると羽の色が全体的に薄い印象があります。

ゴイサギ(鷺舞橋下)

「ゴイサギ」の幼鳥です。
ゴイサギの幼鳥は「ホシゴイ」と呼ばれたりします。
全身に及ぶ白斑が星に見えるから「ホシ(星)ゴイ」です。
夜行性で日の入り後、よく飛んでいるのを観察できます。
夜にカラスのような鳴き声で鳴くことから「夜烏(よがらす)」と呼ばれたりもします。
異名が多い鳥です。

ウグイス

「ウグイス」です。
茂みの中で活動することが多く鳴き声は聞こえるけどなかなか観察できない鳥です。
声が聞こえたら茂みに目を凝らしてみましょう。


バン(今田遊水地)

「バン」です。
警戒心が強く、すぐ茂みに隠れる印象がありますが
8月に入ってからよく観察できるようになった気がします。
タコノアシ(今田遊水地)

頂点に白い花を咲かし始めているのが「タコノアシ」です。
洪水や氾濫が起こるような湿地帯を好む植物です。
秋ごろには紅葉して見つけやすくなると思います。

9月はどんな生きものを観察できるでしょうか。

※ビオトープ内の立ち入りは禁止されています。
※動植物の採取は禁止されています。
※生きものにエサを与えたり、物を投げたりしないでください。